Apple、「iPhone」向け省電力チップを自社開発か

ロイターにとると、バンクハウス・ランペのアナリストが、匿名の関係者の話として、Appleは「iPhone」向けの省電力チップの自社開発に取り組んでいると報告していることが分かりました。


Appleはドイツのミュンヘンと米国のカリフォルニア州にパワーマネジメント設計センターを設立し、既にパワーマネジメントチップの自社開発に取り組んでいるとのこと。

また、Appleは同チップの自社開発のために約80人のエンジニアを雇っており、これによりダイアログ・セミコンダクターがAppleへの供給契約を失う可能性があると述べています。

なお、AppleはiOSデバイス向けのグラフィックチップも自社開発していると先日に報じられています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事