Microsoft、「Microsoft Translator」アプリと「Skype 翻訳」でAIを活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能に

本日、日本マイクロソフトが、「Microsoft Translator」アプリと「Skype 翻訳」において、AIを活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能になった事を発表しました。


これにより、日本語を話す人々は、既にサポートされている9言語(アラビア語、中国語(マンダリン)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語)を話す人々と、リアルタイムに対話ができるようになり、以下の機能が、ユーザー、開発者、企業に対し提供されるとのこと。

Microsoft Translator アプリ(Windows、Android、iOS 版)Microsoft Translator ライブ機能 を活用して、自分のデバイスやブラウザ上(http://translate.it) で、対面型のリアルタイムの翻訳が可能になります。

・Skype for Windows と Skype Preview for Windows 10 で提供される Skype 翻訳(Skype Translator) の機能により、他の Skype ユーザーや電話 (SkypeOut の購入が必要)を通して、自分の言語と他言語をリアルタイムに翻訳した通話を行なうことができます。

・開発者は、Azure で提供される Cognitive Services API ファミリーである Microsoft Translator API を自身のアプリやサービスに統合できます。

・新たにリリースされた Microsoft Translator PowerPoint アドイン (プレビュー版) により、PowerPoint から Translator のライブ機能を直接使用することで、リアルタイムでプレゼンテーションに字幕を付けることができます。


 ・ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事