Apple、「iPhone」などのグラフィックチップを独自開発へ

Reuterによると、米Appleが、スマホ向けグラフィックチップ「PowerVR」を開発している英イマジネーション・テクノロジーズのグラフィック技術の利用を2年以内に停止すると通知したことが分かりました。


イマジネーション・テクノロジーズはAppleに技術ライセンスを提供し、「iPhone」や「iPad」、「Apple Watch」に使われるすべてのグラフィックチップに関し、少額のロイヤルティーを受け取っており、Appleは利用停止の理由として独自のグラフィックチップを開発している事を明らかにしたそうです。

これが本当であれば、2018年~2019年に発売される次世代「iOS」デバイスにはApple独自のGPUが搭載されることになります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事