Apple、「MainStage 3.3」をリリース ー インターフェイスの刷新やTouch Barのサポートなど

本日、Appleが、「MainStage」アプリをアップデートし、最新版の「MainStage 3.3」をリリースしました。


このアップデートによる変更点は下記の通り。

・一新されたモダンなインターフェイス
・MacBook ProでTouch Barがサポートされ、カスタマイズ可能なキーコマンドのセットでよく使うショートカットにアクセス可能
・ピアノの鍵盤またはスケールモード付き音楽キーボードを使用してTouch Bar上でソフトウェア音源を演奏
・ベロシティとノートリピートを制御中にTouch Barでドラムパッドをトリガ
・本格的なステレオパンにより、ステレオ信号のより正確なコントロールと個別の操作が可能
・ソフトウェア音源をサイドチェーンソースとして直接割り当て
・バスのルーティングをプラグインのサイドチェインメニューに表示
・MIDIプラグインを使用してプラグインパラメータを独創的にコントロール
・Loudness Meterプラグインが新しくなり、LUFSメータリングをサポート
・Logic Remote 1.3.2をサポート

なお、アップデートはソフトウェアアップデート経由で可能で、新規ユーザーは3,600円となっています。

MainStage 3
価格:3,600円


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事