次期「iPhone」のプレミアムモデルは5.8インチの平面ディスプレイを採用か ー アスペクト比は18:9になるとの情報も

次期「iPhone」シリーズでは5〜5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが新たに追加されると噂されていますが、市場調査会社IHS MarkitのアナリストであるWayne Lam氏が、このプレミアムモデルには曲面ディスプレイではなく、従来通りの平面ディスプレイが採用されるだろうと報告している事が分かりました。


プレミアムモデルのディスプレイは、「iPhone 7」のようにエッジ部分が僅かに湾曲した2.5Dガラスを採用し、先日に発表されたLGの新型スマホ「LG G6」(下記画像参照)に採用されている5.7インチディスプレイと同じように18:9のアスペクト比が特徴になるとのこと。


「iPhone 7」のディスプレイのアスペクト比は16:9となっていますが、18:9というより縦長のディスプレイを採用することで、大画面であるものの片手におさまるサイズ感を実現することが可能となっています。

なお、このプレミアムモデルのディスプレイサイズは5インチと5.8インチという2通りの情報があり、5.8インチのディスプレイを搭載するものの、ディスプレイの下部はファンクションエリアで、実際の表示面積は5インチになるとも噂されています。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事