「Firefox 52」は「Windows XP/Vista」向けの最後のバージョン

以前にお伝えしましたが、Mozillaが昨日に正式リリースした「Firefox 52」は「Windows XP」と「Windows Vista」向けの最後のバージョンとなっています。


今後は延長サポート(ESR:Extended Support Release)に移行し、セキュリティアップデートは2017年9月まで提供される予定ですが、新機能の追加はありません。

「Windows XP/Vista」で「Firefox」を利用しているユーザーは自動的に「Firefox ESR」に移行され、2017年9月のサポート完全終了日は今年中頃に改めて案内される予定です。

なお、Microsoftは、「Windows XP SP3」のサポートを2014年4月9日に終了済みで、「Windows Vista SP2」の延長サポートも2017年4月11日に終了する予定。

 ・Firefox 52
 ・Mozilla


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事