Twitter、ミュート機能をタイムラインにも拡大へ

本日、Twitterが、昨年11月に案内した、目にしたくないキーワードや会話などの通知をミュートできる機能を拡大し、タイムラインでもミュートを行えるようにすることを発表しました。


このミュート機能は昨年11月より導入され、これまでは通知にだけ適用され、タイムラインや検索は適用外でしたが、今後はタイムラインでも設定したキーワードを含むツイートを非表示にすることが可能になります。

また、そのミュート期間は”1日”、”1週間”、”1ヶ月”、”永久に”から選べるようになるそうで、これらの機能は今後順次提供が開始される予定とのこと。


他にも、プロフィールページに画像が設定されていなかったり、メールアドレスや電話番号の認証がなされていないアカウントなど、特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルターできる選択肢が追加されるそうです。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事