ビックカメラ、残価設定型ローン「Macアップグレードプログラム」を明日から提供開始へ

本日、ビックカメラが、Macの新しい購入方法である「Mac アップグレードプログラム」を2月17日より開始するすることを発表しました。


同プログラムは、Mac本体を対象に、商品購入時の本体価格から2年のローン終了時の推定買い取り額(据え置き額)をあらかじめ差し引いた金額を分割払いできる購入方法(残価設定型ローン)で、初期費用や月々の支払い額を抑えつつ、定期的に最新の機種に買い換えるユーザー向けのシステムとなっています。

同じようなシステムは車のローンでもありますが、Mac本体価格の約35%を残価として据え置き、残りの金額を24回の分割払いで支払い、2年後はビックカメラやソフマップに下取りに出して、新しいモデルに買い換えるか、残価を支払って買い取るなどの選択が可能です。

また、延長保証サービスの「AppleCare Protection Plan」とビックカメラグループ独自の「安心サポート for Mac(初期設定や電話サポート)」がセットになっているそうです。

なお、公式サイトはまだ正式にオープンしていない為、何か制限があるのかなど詳細はまだ不明です。

 ・Mac アップグレードプログラム


[via ASCII

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事