次期「iPhone」はフレキシブル有機ELディスプレイや新しい3D Touch技術を搭載か

Apple関連の情報でお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleが今年発売する次期「iPhone」には新しい生体認証技術やフレキシブル有機ELディスプレイを搭載するかもしれないと報告している事が分かりました。

iphoneconceptimage
同氏のレポートによると、次期「iPhone」ではより良い3D Touch体験を提供するために、現行のフレキシブルプリント基板センサーから、より感度の高いフィルムセンサーに切り替える可能性があるとのこと。

また、フレキシブル有機ELディスプレイを全面に採用し、その下に上述したフィルムセンサーが搭載されるものの、タッチ操作の圧力による変形を防ぐためにフィルムセンサーの下に金属製の部品が配置されるようです。

次に、新しい生体認証技術については、現在の指紋認証システムは将来的に顔認証システムで置き換え可能なものの、技術的な課題が多いことから、顔認証への移行段階として指紋認証と顔認証を組み合わせて採用する可能性もあると予想しています。


[via MacRumors, 9To5Mac]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事