次期「iPad」シリーズ、やはり9.7/10.5/12.9インチの3モデル構成に?? − 登場は2017年後半になるとの情報も

DigiTimesが、サプライチェーンからの情報として、Appleは2017年に3つの新型「iPad」を投入する計画のようだと報じています。

apple-ipad-pro-a1584
その3つのモデルとは、これまでにも何度か報じられている情報と同じで、安価なエントリーモデルの9.7インチモデル、新しい10.5インチモデル、アップグレードされた12.9インチモデルの3つで、10.5インチモデルが既存の9.7インチの製品ラインの代わりとなり、新しい9.7インチモデルをエントリーモデルにすることが検討されているとのこと。

ただ、これまでの情報では次期「iPad」シリーズは今年3月頃に発表されると言われてきましたが、DigiTimesの情報筋は2017年後半まで発表もしくは発売されないかもしれないと述べているそうです。

なお、10.5インチモデルと新しい12.9インチモデルについては、A10Xプロセッサが搭載される予定ですが、新しい9.7インチモデルについては搭載されるプロセッサに関する言及はなく、もしかしたら価格を抑える為にA9Xプロセッサが引き続き採用される可能性もあります。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事