「iPhone」の誕生10周年、Appleがコメントを発表

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

現地時間の1月9日(日本時間1月10日)で初代「iPhone」が発表されてから丸10年を迎えますが、この10周年を記念して、米Appleがコメントを発表しました。

「iPhone」の誕生10周年、Appleがコメントを発表

まず、ティム・クックCEOは、「iPhoneは消費者の生活において欠かせない存在となっており、コミュニケーションやエンターテイメント、仕事、暮らしの在り方を再定義しています。iPhoneは最初の10年でモバイルコンピューティングのスタンダードを確立したが、まだ始まったばかりで、最良の時はこれからだ。」とコメントしています。

また、ワールド ワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏は、「多くの人にとってiPhoneは生活の中で最も欠かせないデバイスとなっており、大好きだ。」と述べ、更にiPhoneで現在出来ることを述べた後に「まだ始まったばかりだ。」とコメントしています。

「iPhone」の誕生10周年、Appleがコメントを発表

なお、初代「iPhone」は今から10年前の2007年1月9日に発表され、2007年6月29日にアメリカで発売されました。

下記動画は初代iPhone発表時のジョブズ氏の基調講演の映像となっているので、是非ご覧下さい。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

    • 本当ですね。
      早速訂正させて頂きました。
      ご指摘有り難うございます。

  • 冒険しすぎて得意の不具合を出すか、いつも通りのデザインでユーザー数を減少させるかの悪いストーリーしか思い浮かばない

  • 色々と余計な機能を無くしてきたアップルだから、今年はおそらくsafariを無くすだろう。
    実際、みんなアプリばかり使いまくってるし。
    もうiPhoneにはブラウザなんか要らないだろ。

    しかしwebデベロッパーはアップル信者が多くて辟易。
    IEの、よく知られた、ちょっとしたCSSハックやJSをラップする事で対応が簡単な挙動は怒るくせに
    iOS用safariの、DOMの構造から見直す必要がある独自仕様には怒らない。iframe周りとか酷いもんだ。
    safariのそういう点は誰もブログに書きたがらないし、ググっても対処法がほとんど見つからない。
    safari無くなれ。

  • こうしてみると結構変わったな。最近ちょっとマンネリだが。

目次