6秒動画共有サービス「Vine」、1月17日でサービス終了へ

Twitterの6秒動画共有サービス「Vine」はサービスを終了し、モバイル向け公式アプリは「Vine Camera」アプリとして提供が継続されることが明らかになっていますが、同サービスの正式な終了日は現地時間の1月17日であることが分かりました。

Vine

日本でも同日なのか、翌18日なのかは不明ですが、現地時間の1月17日に「Vine Camera」アプリに正式に移行する予定で、過去に投稿した動画をダウンロードしたいユーザーはサービス終了までにダウンロードするよう勧めています。

なお、「Vine Camera」では6秒間のループ動画を作成し、Twitterに直接投稿したり、スマホに保存する事が可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。