次期「iPhone」向けの有機ELディスプレイはSamsung Displayが独占的に供給か

来年に発売される次期「iPhone」では一部モデルに有機ELディスプレイを採用すると噂されていますが、本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、次期「iPhone」向けの有機ELディスプレイはSamsung Displayが独占的に供給するようだと報じています。

th_iphone-6-curved-display-1

Samsung Displayは月間2,000万枚の有機ELディスプレイを供給可能と言われています。

また、日本の日本写真印刷が有機ELディスプレイ用のタッチセンサーを供給し、タッチセンサーと有機ELディスプレイパネルとの接合はSamsung Display及び台湾のTPK HoldingとGeneral Interface Solutionが請け負うようです。

なお、次期「iPhone」のサプライチェーンメーカーの各社は2017年3月より少量生産を開始し、5〜6月に量産を開始する予定とのこと。

次期「iPhone」の有機ELディスプレイについては、過去にシャープやLG Displayもサプライヤーとして名前が挙がったことがありましたが、先日にもAppleがSamsung Displayに対しガラス製ではなくプラスチック製の有機ELディスプレイを発注したようだとの報道もあった通り、Samsung Displayが供給する可能性が高そうです。

5 COMMENTS

匿名

あんた日本語わかる?
日本写真印刷が有機ELディスプレイ用のタッチセンサーを供給しって書いてあるし
他の部品も日本製があるんじゃない?

匿名

シャープやLG DisplayやJDIが供給できるようになるにはもっと先になるだろうね

匿名

Apple「iPhoneにGalaxy edgeみたいな側面ディスプレイ搭載したいけどSamsungに特許握られてる」
Samsung「ライセンス契約してやんない。ぐへへ」
  〜
Samsung (こないだの爆弾新機種発売停止で経営ヤバい…ぐぬぬ)
  〜
Apple「iPhoneに有機EL搭載したい。誰と組もうかな」
Samsung (稼ぎ口キタコレ)「独占供給させてくれたら側面ディスプレイの特許もライセンス契約してあげてもいいよ」
Apple「おけ」
とかだったりして

匿名

Appleは数年前から日本の部品を増やしてるから蚊帳の外秒読みなのは朝鮮企業なんだけどね

現在コメントは受け付けておりません。