次期「iPhone」は曲面有機ELディスプレイや新しいタッチセンサー技術を搭載か

The Korea Heraldが、情報筋の話として、次期「iPhone」の有機ELディスプレイを搭載したモデルは、全て曲面ディスプレイを搭載するようだと報じています。

th_iphone-6-curved-display-1
AppleはSamsung Displayに対しガラス製ではなくプラスチック製の有機ELディスプレイを発注したようで、プラスチック製の有機ELディスプレイは「Galaxy S7 Edge」のようなデバイスの曲面ディスプレイに使用され、ガラス製有機ELディスプレイはフラットディスプレイに使用されているそうです。

また、次期「iPhone」は新しいタッチセンサー技術を用いて、同じ曲面ディスプレイを採用しているSamsungの「Galaxy」シリーズと差別化を図るものとみられています。

その新しいセンサー技術とは、ユーザーが「iPhone」のどの側面に触れると応答することを可能にするものだが、Appleが実際のこの技術を採用するかはまだ分からないようです。

なお、AppleがSamsung Displayに発注した曲面有機ELディスプレイは約7,000万〜1億枚とみられており、この数は「iPhone」シリーズの年間販売台数の半分であることから、残りはLG Displayとジャパンディスプレイが供給する通常のフラットタイプの液晶ディスプレイを採用するそうです。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事