Apple、アップデート時に文鎮化する問題が報告されている「watchOS 3.1.1」の配信を停止

本日、一部のユーザーから「Apple Watch Series 2」を「watchOS 3.1.1」にアップデートしようとしたところ、アップデートに失敗し、「Apple Watch Series 2」が文鎮化してしまう問題が報告されている事をお伝えしましたが、その後、Appleが「watchOS 3.1.1」の配信をストップした事が分かりました。

apple-watch-series-2-bricked
この問題はアップデート途中にエラーが出て、強制再起動を行っても上記画像のように赤い感嘆符が表示されたまま動かなくなってしまうもので、現在のところAppleに修理に出す以外の解決策は見つかっていません。

アップデートを取り下げたことからApple側も認識しており、近いうちに修正版がリリースされるものと予想されます。

[via MacRumors



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事