「iPad」向けチップの需要が失速 ー 2018年発売の「iPad」には有機ELディスプレイ採用か

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、「iPad」向けチップの需要が失速しているようだと報じています。

th_ ipadpro97
Appleの発表によると2015年の「iPad」の販売台数は4,956万台でしたが、2016年の出荷台数は4,000万台ほどになるとみられており、2017年は引き続き減少し、Appleが有機ELディスプレイを採用すると予想される2018年まで同製品の出荷台数が増加することはないとみられています。

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、2018年に発売される「iPad」シリーズは有機ELディスプレイの採用など、革命的な変化がもたらされると予測しているとのこと。

なお、次期「iPad」シリーズは早ければ来年3月にも発表されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事