新型「MacBook Pro」でBoot Camp上のWindows利用時にスピーカーからポップノイズが発生する問題 ー Appleがドライバの更新で対応

先日、新型「MacBook Pro」シリーズでBoot Camp上のWindowsを利用している一部のユーザーが、大音量のポップノイズが周期的に発生し、スピーカーがダメージを受ける問題を報告している事をお伝えしましたが、AppleがBoot Campのオーディオドライバをアップデートし、同問題に対応していることが分かりました。

th_ss-2016-11-22-1-47-58

現地時間の11月23日にBoot Campを利用してWindowsを新規インストールしたユーザーからドライバが更新されている事が確認されており、既にインストール済みのユーザーはApple software update経由でアップデートする必要があるとのこと。

同問題は最悪の場合、スピーカーが物理的に損傷してしまう事が分かっており、新型「MacBook Pro」シリーズでBoot Campを利用するユーザーはアップデートすることをオススメします。

[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。