Microsoft、「Windows 10 Redstone 3」で新しいデザイン言語「Project NEON」を導入か

Microsoftは「Windows 10」向けの大型アップデート「Redstone 2」(コードネーム)を来春、「Redstone 3」を来秋にリリースする予定と言われていますが、Windows Centralが、匿名の情報筋の話として、Microsoftは「Redstone 3」では新しいデザイン言語「Project NEON」(コードネーム)を導入することを計画しているようだと報じています。

win10logo2

「Project NEON」はMicrosoftの内部では1年以上前から開発が進められていたようで、詳細はまだ不明なものの、現在のデザイン言語を置き換えるものではなく、それがベースとなっており、PCやタブレット、スマートフォン、HoloLensといった全てのデバイスで同様の体験を提供するため、ユーザーインターフェイスなどに統一感をもたらすものとみられています。

なお、「Project NEON」は「Redstone 3」で採用され始め、2018年にリリースされる「Redstone 4」でサードパーティの開発者も利用可能になると言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。