新型「MacBook Pro」でBoot Camp上のWindows利用時にスピーカーからポップノイズが発生する不具合 ー 最悪の場合はスピーカーにダメージも

Apple Insiderによると、新型「MacBook Pro」シリーズでBoot Camp上のWindowsを利用している一部のユーザーが、大音量のポップノイズが周期的に発生し、スピーカーがダメージを受ける問題を報告している事が分かりました。

th_ss-2016-11-22-1-47-58

問題を報告するユーザーによると、ポップノイズはBoot CampでWindowsを動かしている時のみ発生し、Parallelsなどの仮想環境でWindowsを動作させている場合やmacOSのみを動かしている場合は発生しないそうです。

原因はBoot Campの古いオーディオドライバとみられており、ポップノイズが発生する状況で使用し続けると、スピーカーにダメージが与えられ、スピーカーの音が歪んだり、左右のスピーカーの音量がアンバランスになる問題が報告されています。

なお、問題は特定のモデルではなく、新型「MacBook Pro」シリーズの全てのモデルで報告されており、現時点での対応策は、Boot Camp上のWindowsを利用する際にヘッドフォンジャックにヘッドフォンや外部スピーカーを接続することが提案されており、一部では11月15日にリリースされた最新のRealtek HD オーディオドライバ(ver 6.0.1.7989)をインストールすると改善されたとの報告もあるそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。