次期「iPhone」の5.8インチモデル、タッチスクリーンのアクティブ領域は5.1〜5.2インチに??

9To5MacMacRumorsによると、Apple関連情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、来年に発売される次期「iPhone」シリーズには、5.7〜5.8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載したモデルが用意されるものの、特別なデザイン上の目的からタッチスクリーンのアクティブ領域(タッチ操作が可能な領域)は5.1〜5.2インチになるようだと報告している事が分かりました。

iphoneconceptimage
これはディスプレイサイズは5.7〜5.8インチになるものの、タッチ操作が可能な領域は5.1〜5.2インチであることを意味しており、そのことから全面ディスプレイが採用された新しいデザインになるものと予想されています。

なお、この5.8インチモデル以外に、通常の液晶ディスプレイを引き続き採用した4.7及び5.5インチモデルが用意されるものとみられています。

また他にも、「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラは広角レンズのみ光学式手ブレ補正が搭載されていますが、「iPhone 8」シリーズのデュアルレンズカメラは広角及び望遠の両レンズとも光学式手ブレ補正が搭載されるとも報告されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事