2016年度上期の国内のタブレット出荷実績 ー Appleが13半期連続で1位

本日、MM総研が、2016年度上期(2016年4月~9月)の国内タブレット端末の出荷台数調査の結果を発表し、総出荷台数は前年同期比13.0%減の388万台となったことが分かりました。

th_iPadPro_Lifestyle-SplitScreen-PRINT

上期出荷台数としては、2010年度統計開始以来で初の前年割れとなり、内訳としては、携帯電話キャリアの3G/LTEネットワークを利用するセルラーモデルが228.7万台(8.2%減)、Wi-Fiモデルが159.3万台(19.1%減)となっています。

不調の要因としては、Wi-Fiタブレットはスマートフォンの画面サイズが4.6~5.5インチが主流となる中で、9インチ未満のモバイルタブレット需要が減少し、9インチ以上のホームタブレットも利用用途としてパソコンとの明確な差別化が確立できずにいる点が挙げられています。

また、メーカー別出荷台数・シェアでは、Appleが13半期連続で1位を獲得し、上位6位までの順位は下記の通り。

・1位:Apple
・2位:Huawei
・3位:ASUS
・4位:富士通
・5位:NECレノボ
・6位:LG

[出典:MM総研

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。