Twitter、モバイル向け公式アプリにQRコード機能を追加

本日、Twitterが、モバイル向け公式アプリにQRコードをスキャンするだけでアカウントを簡単にフォローできる「QRコード」機能を追加したことを発表しました。



QRコードはアプリのプロフィールページにある歯車アイコンをタップして「QRコード」を選ぶだけで表示され、QRコードのページにある「QRスキャナー」「自分のQRコード」をタップすることで、QRコードを表示させたり、他の方のコードをスキャンするためのカメラにすることも可能です。

また、QRコードは保存することができますので、印刷して手渡したり、販促などに利用することもできます。

なお、同機能は順次提供開始と予想され、まだ利用可能でない場合は少し時間を置いてから確認すると良いと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事