Intel、第7世代Coreプロセッサのデスクトップ向けモデルを来年1月の「CDE 2017」で発表へ

Intelの第7世代Coreプロセッサ(コードネーム:Kabylake)は、これまでにモバイル向けのYシリーズとUシリーズが発表されていますが、デスクトップ向けモデルは2017年1月5日に正式に発売されることが分かりました。

intel-kaby-lake-13
これはエルミタージュ秋葉原が報じたもので、2017年1月5日に「Kabylake」のデスクトップ向けモデルの国内発売が予定されているとのこと。

このことから、同日より米ラスベガスで開催される家電見本市「CES 2017」で正式に発表されるものとみられています。

また、WCCFTechにて、同シリーズのラインナップと一部モデルの価格も明らかになっており、次期「iMac」には「Core i7-7700」と「Core i5-7600/7500」が採用されるものと考えられます。

ss-2016-10-31-1-35-31

なお、次期「iMac」については先日のイベントで発表されなかった為、「Kabylake」の登場を待っているものと予想され、早くても来年2〜3月まで発売されない可能性が高そうです。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事