「iPhone 7」の「A10 Fusion」チップはTSMCが独占供給 −同社会長が主張

去年、「iPhone 6s」シリーズが発売された後、搭載されている「A9」チップがTSMC製かSamsung製かで話題になりましたが、今年発売された「iPhone 7」に搭載されている「A10 Fusion」チップはTSMCが独占的に供給しているかもしれないことが分かりました。

a10chip
これはTSMCの会長である張忠謀(モリス・チャン)氏が主張しているもので、同氏は「iPhone 7」ではAppleからの受注を完全に独占していると主張しています。

また他にも、同氏は10nmプロセスを採用したチップの量産を開始したことや、「A」シリーズチップの独占供給が「iPhone 8」でも続くことを示唆するような発言もしています。

「A10 Fusion」チップをTSMCが独占的に供給するといった情報は「iPhone 7」の発売前に何度か報じられていましたが、関係者が公でその事を明らかにしたのは今回が初めてとなります。


[via WCCFTech



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事