新型「MacBook Pro」シリーズのメモリが最大16GBである理由が判明

昨日に発売された新型「MacBook Pro」を初め、「MacBook Pro」シリーズのRAM(メモリ)の最大容量はずっと16GBまでとなっていますが、あるユーザーがなぜ新型「MacBook Pro」にメモリを最大32GBまで搭載できなかったのかをAppleに対しメールで問い合わせたところ、その理由はバッテリー駆動時間に影響が出てしまうからであることが分かりました。

th_mbp-2016-spgry-family-onwhite_pr_00-0008-227_v1_mr_s-print
これは同社の上級副社長であるフィル・シラー氏が回答したもので、ラップトップに16GBよりも多くのメモリを搭載すると、消費電力が大きくなってしまい、効率的なバッテリー駆動時間を実現することが出来ない為だそうです。

なお、昨日に発売された新型「MacBook Pro」のバッテリー駆動時間は最大10時間となっています。

 ・MacBook Pro


[via MacRumors



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事