楽天モバイル、11月4日より20GBと30GBの大容量プランを提供開始 − 来年1月からはデータシェアサービスも開始予定

本日、楽天が、「楽天モバイル」において、2016年11月4日から料金プランに、大容量プランの「20GBプラン」と「30GBプラン」を追加することを発表しました。
rakuten_mobile_logo 「20GBプラン」と「30GBプラン」は、直近3日間で使用したデータ通信量が一定の上限を超えると通信速度が制限されるといったようなことはなく、通信速度制限を気にせず快適に利用することができるもので、通話SIMの「20GBプラン」は4,750円(税別)、「30GBプラン」は6,150円(税別)で、「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」(月額料金850円、税別)をつけた場合でも、それぞれ5,600円(税別)、7,000円(税別)で利用可能で、テザリング機能も追加料金なしで利用可能です。

<通話SIM>
・20GB:4,750円(税別)
・30GB:6,150円(税別)

<050データSIM(SMSあり)>
・20GB:4,170円(税別)
・30GB:5,520円(税別)

<データSIM(SMSなし)>
・20GB:4,050円(税別)
・30GB:5,450円(税別)


また、2017年1月より高速通信容量の前月繰越分を「楽天モバイル」の利用者間で分け合えるデータシェアサービスを開始する予定で、申し込みは12月下旬より開始する予定とのこと。

同サービスは月額100円の利用料金が掛かりますが(キャンペーン期間中は無料)、同一名義のSIMカード間や家族間に限らず、「楽天モバイル」の利用者であれば誰とでも設定できるのが特徴で、友人や同僚などと分け合うことも可能で、最大5回線のグループを設定すること出来ます。

 ・ニュースリリース
 ・公式ページ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事