「Apple Campus 2」の完成、2017年第2四半期までずれ込むことが明らかに

現在建設中のAppleの新本社キャンパス「Apple Campus 2」、その完成予定時期が当初の2016年後半から2017年にずれ込むことはティム・クックCEOも以前に明らかにしていたのですが、クパチーノ市が公開しているスケジュールからも同キャンパスの完成が2017年第2四半期までずれ込むことが確認されました。

Apple_Campus_2_rendering
同市が公開している最新の資料によると、2016年第4四半期に完成予定だった建物と路上施設の工事が2017年第1四半期まで延長されている他、造園工事などが2017年第2四半期までかかる見込みのようです。

showimage
2017年第1四半期の建物が完成した時点で転居するのかは不明ですが、完全に完成するのは来夏前になりそうです。

なお、下記映像は同キャンパスの最新の空撮映像となっています。


[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事