オーストラリアで車内に放置した「iPhone 7」から発火し、車が炎上する事故が発生

先日、炎上問題から販売及び製造の終了が発表されたSamsungの「Galaxy Note 7」では、同製品の爆発から車が炎上する事故が発生した事が話題になりましたが、豪Yahoo!Newsによると、オーストラリアで「iPhone 7」でも同様の炎上事故が発生していた事が分かりました。

phone1

(燃えたiPhone 7 / Photo by Yahoo!News

この「iPhone 7」のユーザーはサーフィンのインストラクターをしている男性で、サーフィンのレッスンをしている最中、自身の車の中に「iPhone 7」を置いたままにしていたそうで、車に戻った時には「iPhone 7」から発火し、車内には煙が充満していたそうです。

なお、炎上した「iPhone 7」は1週間前に購入したものだそうで、落としたり、非純正の充電器を使用した実績はないと述べており、Appleはこの件について調査中とのこと。

炎上した際の詳しい状況は不明ですが、炎天下の車内に放置したことにより本体温度が上昇し、バッテリーが発火した可能性高そうです。

phonecar

(燃えてしまった車内 / Photo by Yahoo!News

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。