ソニー、2018年3月までに5〜6本のiOS/Android向けゲームアプリをリリースへ

CNBCWSJによると、ソニーが、子会社のフォワードワークスを通じて、2018年3月までに5〜6本のiOS/Android向けゲームアプリをリリースすることを明らかにした事が分かりました。

playstation-logo
フォワードワークスはソニーがスマートデバイス市場に向け新たなサービス事業を展開することを目的として2016年4月に設立した子会社となっています。

なお、ゲームアプリは日本やアジア諸国でリリースされる予定ですが、現在のところ欧米でリリースする計画はないとのこと。

どのようなゲームが配信されるのかはまだ不明ですが、日本経済新聞によると、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのゲーム制作部門が「プレイステーション」向けに制作してきた人気ゲームをスマホに応用する予定で、最新のゲーム機向けには発売していない過去の人気作を掘り起こすほか、家庭用ゲーム機と連動する仕組みの導入も検討し、年内には開発中の作品名が発表されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事