NokiaブランドのAndroid搭載端末「D1C」はスマホではなくタブレットだった事が明らかに

先日、NokiaブランドのAndroid搭載スマホとみられる端末「Nokia D1C」がGeekBenchAntutuベンチマークのデータベースに登場したことをお伝えしましたが、今度はGFXBenchのデータベースにも登場し、その情報から同端末はスマホではなく、タブレットである事が分かりました。

nokia-logo
今回明らかになったのはディスプレイサイズで、13.8インチ(1920×1080ピクセル)のディスプレイを採用し、それ以外のスペックはこれまでの情報とほぼ同じですが、ストレージ容量がAntutuでは32GBになっていたのに対し、今回の情報では9GB(16GB?)となっています。

また、メインカメラのイメージセンサーの画素数もAntutuが1300万画素なのに対し、今回の情報では1600万画素となっています。

なお、これまでの情報をまとめると下記の通りです。

・OS:Android 7.0
・ディスプレイ:13.8インチ(1920×1080)
・CPU:Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz(8コア)
・RAM:3GB
・ストレージ:16GB/32GB
・メインカメラ:1300万画素/1600万画素
・フロントカメラ:800万画素



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事