Apple、米国のiTunes Storeでハリケーン「マシュー」の被災者支援の募金受付を開始

先日、ハリケーン「マシュー」がハイチや米南東部沿岸に大きな被害を与えたことはニュースでも大々的に報じられていますが、Appleが、米国のiTunes Storeにおいて、「マシュー」による被災者を支援するための募金受付を開始しました。

matthew-red-cross-800x809

これまでの募金と同じく、5ドルから200ドルまでの寄付額を選択可能で、集められた寄付金は米国赤十字社に送られます。

なお、現在のところ、日本では同募金は開始されていません。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。