「iOS 10.1」では「iPhone 7 Plus」のメモリ管理も改善か − 「beta 1」でパフォーマンスが向上

先日、「iOS 10.1 beta 1」がリリースされ、「iPhone 7 Plus」のカメラアプリでポートレートモードが利用可能になりましたが、「iOS 10.1 beta 1」では「iPhone 7 Plus」でのメモリ管理も改善されている事が分かりました。

ios10logo

「iPhone 7」シリーズの発売後に、「iPhone 7 Plus」は「iPhone 7」の2GBよりも高容量の3GBのRAMが搭載されているものの、パフォーマンスにはあまり差がないといった情報がありましたが、「iOS 10.1 beta 1」では「iPhone 7 Plus」でのメモリ管理が改善され、パフォーマンスが上がっているようです。

私自身が実際に「iPhone 7 Plus」を持っていないので試せないのですが、BGRによると、「iPhone 7 Plus」を「iOS 10.1 beta 1」にアップデートすると、バックグラウンド化したアプリを再度開いた際に再読込されることがこれまでによりも少なくなっており、「iOS 10.1 beta」でははるかに多くのアプリが再読込をせずに利用可能になっているとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。