「iPhone 7」は内蔵ストレージのパフォーマンスも向上

「iPhone 7」が発売され、様々なベンチマーク結果が公開されていますが、Bare Featsが公開したベンチマークテストの結果によると、「iPhone 7」シリーズは内蔵ストレージのパフォーマンスも向上している事が分かりました。

th_iphone7ss

内蔵ストレージの読み込み速度と書き込み速度を「iPhone 6s Plus」と「iPhone 6 Plus」と比較したのが下記のグラフで、読み込み速度及び書き込み速度とも「iPhone 6s Plus」よりも18〜19%アップしている事が分かります。

iphone7_read
iphone7_write

また、Arstechnicaでは起動時間で内蔵ストレージのパフォーマンスを測定しており、結果は下記の通りで「iPhone 7」が一番速い結果となっています。

ss-2016-09-17-9-01-10

なお、Bare FeatsArstechnicaには他にも様々なベンチマークテスト結果が掲載されているので、是非ご覧下さい。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事