新型「MacBook Pro」のタッチバーに関する記述が「Pages」アプリのコード内で見つかる

本日、ブルームバーグが、新型「MacBook Pro」に搭載される有機ELディスプレイのタッチバーは、Apple内部では「Dynamic Function Row」と呼ばれていると報じていましたが、Apple Insiderによると、「Pages」アプリのコード内に「Function Row」といった記述が見つかったことが分かりました。

18061-16158-function-row-screenshot-l

見つかったのは「Customize Function Row」という記述で、「Dynamic Function Row」をカスタマイズすることが出来ることが予想出来ます。

なお、過去には「macOS Sierra」のシステムファイル内でもタッチバーに関連するコードが見つかっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。