Google、「Chromeアプリ」でのWindows/Mac/Linuxのサポートを段階的に終了へ

本日、Googleが、デスクトップアプリのようにオフラインでも利用できるWebアプリプラットフォーム「Chromeアプリ」でのWindows、Mac、Linuxのサポートを段階的に終了することを発表しました。

th_ss_2016-08-20_7_34_46

今後はChrome OSのみのサポートとなる予定で、今年後半より段階的なサポート終了が開始され、新しく公開された「Chromeアプリ」はChrome OSでのみ利用可能になります。

また、2017年後半にはChromeウェブストアでの各OS向けアプリの配信を停止し(拡張機能とテーマの提供は継続)、2018年早々にはアプリ自体を起動することが出来なくなるそうです。

なお、サポート終了の理由としては、ユーザー数が少ないことが挙げられています。

[via The Verge

1 COMMENT

匿名

まじか、、、
LINEもChromeアプリに入りますよね、、、
あれLINEのPC、Mac版が認証ありプロキシを超えられないからChromeのプロキシ設定を使うChromeアプリ版地味に便利だったのに、、、

現在コメントは受け付けておりません。