日本マイクロソフト、大画面端末「Surface Hub」を8月22日より出荷開始へ

本日、日本マイクロソフトが、大画面端末「Surface Hub」の国内市場向けの出荷を8月22日から開始することを発表しました。

Microsoft_Surface-Hub-4153_A-1024x683
「Surface Hub」には84インチモデルと55インチモデルの2モデルがあり、価格はそれぞれ258万8800円と103万8800円となっています。

国内では2015年9月より予約受付が開始され、2016年1月に出荷開始予定でしたが、海外での出荷延期などが影響し、出荷が遅れていました。

なお、国内での販売などの詳細はこちらをご覧下さい。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事