Microsoft、Skylakeでの「Windows 7/8.1」サポート期間を再度延長

Microsoftは今年1月に「Windows 7/8.1」のサポートポリシーの変更を発表し、Intelの第6世代Coreプロセッサ(Skylake)を搭載する端末にインストールされた「Windows 7/8.1」のサポートは2017年7月17日までに短縮される事を明らかにし、その後、今年3月にサポート期間を2018年7月17日まで1年間延長する事を発表しましたが、本日、同社がこの件に関するサポートポリシーを再度変更した事が分かりました。

windows-logo-06_story
今回の変更により、”2018年7月17日まで”というサポート期間は撤廃され、各OSのサポート終了日までサポートするとのこと。

なお、「Windows 7」の延長サポートは2020年1月まで、「Windows 8.1」は2023年1月までとなっています。

 ・Windows 7 と Windows 8.1 をサポートする Skylake 搭載システム
  (Microsoft)


[via MSPU


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事