「Apple Watch 2」、デザインやサイズは変わらないものの防水性能が少し向上か

威锋网によると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、次期「Apple Watch」は16nmプロセスを採用し、更にパワフルになった「S2」チップを搭載し、同チップはTSMCが製造するようだと報告している事が分かりました。

th_th_WatchOS3_Hero_3Up_PR-PRINT
現行モデルに搭載されている「S1」チップはSamsungが28nmプロセスで製造しており、この情報が正しければチップの製造元がTSMCへと変更されることになります。

また、本体サイズは38㎜と42㎜の2モデル構成と現行モデルから変わらず、外観のデザインも変更はないそうですが、防水性能が少し向上しているとのこと。

更に、現行モデルの製造(組み立て)はQuanta Computerが独占的に請け負っていますが、次期モデルからはFoxconnも製造するようです。

なお、同氏は以前にも次期「Apple Watch」のデザインは現行モデルから変化はなく、内部仕様のアップデートのみになると報告していました。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事