国内のタブレット端末市場調査 ー 顧客満足度は「Surface」が1位に

ICT総研が、最新の国内のタブレット端末市場に関する調査結果を公開し、2015年度のタブレット端末の出荷台数は895万台となり、2014年度の919万台より減少した事が分かりました。

th_ ipadpro97
出荷台数の減少については、スマートフォンの普及によりタブレット端末の新規需要そのものが減退していることに加え、携帯電話キャリアのLTEモデルの販売がやや伸び悩んだことなどが挙げられており、今後はWindowsタブレットのニーズが増加する影響などを受けて再び拡大すると見込まれています。

OS別に見ると、「iPad」は前年度比7.2%減の359万台(シェア40.1%)で、初の出荷台数減少となり、Androidも前年度比2.5%減の393万台で減少となったものの、シェアは43.9%と前年並みを維持し、Windowsタブレットについては143万台でシェアは16%と順調にシェアを拡大しているとのこと。

e91691ece8fa4cc024d06bd0ac2b974f
(出典:ICT総研


また、端末の顧客満足度については、Microsoftの「Surface」が80.3ポイントで1位となり、「iPad」が77.3ポイントで2位、Androidタブレット(8インチ以上)は67.6ポイントで3位といった結果になっています。

18a61b3394299f326890d130fad950de
(出典:ICT総研


[via PCWatch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事