2017年発売の次世代「iPhone」は有機ELディスプレイを採用へ ー パネルはSamsungが供給

2017年発売の次世代「iPhone」には有機ELディスプレイが採用されると言われていますが、本日、日本経済新聞が、Appleは有機ELディスプレイを搭載した次世代「iPhone」の一部モデルの発売時期を2018年から2017年に前倒しする計画で、有機ELパネルの供給をSamsungに打診したようだと報じています。

th_iphonesight

今回報じられた内容はこれまでの情報をまとめたような感じですが、以前から伝えられている通り、Samsungは年内に8兆ウォン(約7,200億円)を投じてて有機ELパネルの生産設備を拡充する予定とのこと。

また、日本のジャパンディスプレイも2017年春に有機ELの生産ラインを新設する予定で、LG Displayも今後数年間で有機ELパネルの増産に10兆ウォン以上を投資する予定と言われています。

[via Linkman

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。