「iOS 10」、純正アプリを全て削除して増やすことが出来るストレージの空き容量は150MB未満

本日リリースされた「iOS 10 beta」では、「株価」や「メール」などの標準でインストールされている一部の純正アプリを削除する事が可能になっている事をお伝えしましたが、Appleもこの件に関するサポートドキュメントを公開しており、削除可能な純正アプリを全て削除して増えるストレージの空き容量は150MB未満であることが分かりました。

ssksoko

削除可能なアプリは下記の23本のアプリで、これらアプリを全て消すと150未満の空き容量を新たに確保することが可能とのこと。

・メール
・天気
・メモ
・計算機
・iTunes Store
・カレンダー
・連絡先
・株価
・リマインダー
・マップ
・FaceTime
・Podcast
・ボイスメモ
・コンパス
・ヒント
・ミュージック
・ビデオ
・iBooks
・Watch
・ホーム
・友達を探す
・iCloud Drive

4 COMMENTS

匿名

メール消したらmailto:リンクとかってどうなるんだろう
サードパーティ製指定できんのかな

iCEO

Siriを解放したことは純正アプリの解放を意味するんじゃないかと予想します。つまり、いままでデフォルトとして固定されていたSafariやMailをサードパーティ製に変更することが出来るようになると。そうしないとSiriの返答が複雑化してしまうのではないかな?

Siriの解放にここまで時間が掛かったのも今までこの決断が出来なかったからだろうし、iPhoneの売り上げが落ちてきたから今だからこそ次のステップへ進むタイミングと判断したんじゃないかと。

個人的にはWeatherNews社のアプリがSiriに対応してくれると非常に便利になるんだけど、iPhoneアプリの初期の頃から紆余曲折のあったアプリだから少しだけ心配してます。笑

なし

容量的に見ても内部では削除されないんだろうと感じるわ

橋渡しは今まで通りな気が

匿名

実際のところは、iOS10では「Game Center」が削除されたのと同様で、
インターフェース等の目に見える部分のみの削除に留まっていて機能的には残っているんでしょうね。
「アプリの中にはiPhoneのほかの部分とリンクしているものがあり、
これらのアプリを削除するとiPhoneに問題が生じる可能性がある」
と以前ティム・クックも言っているし。

現在コメントは受け付けておりません。