KDDI、海外32の国・地域でデータ通信を利用できる「世界データ定額」を発表 ー 8月より提供開始へ

本日、KDDIが、海外32の国・地域でデータ通信を利用できる「世界データ定額」の提供を2016年8月より開始することを発表しました。

aulogo_blank_win
「世界データ定額」は、24時間980円の利用料金で、ユーザーが日本で加入しているデータ定額プランの容量を海外でもそのまま使えるサービスで、簡単な操作で使える「世界データ定額」アプリも用意されるとのこと。

なお、auの国際ローミングサービスを総称するサービス名「GLOBAL PASSPORT」は、「世界データ定額」の提供開始にともない、本日5月31日より「au世界サービス」に名称が変更されます。

詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事