「Surface Phone」はSnapdragon 830を搭載し、最大8GB RAMの3モデル構成に??

Microsoftが開発中との噂の「Surface Phone」ですが、その「Surface Phone」はプロセッサに「Snapdragon 830」を搭載し、3モデルが用意されるとの情報が中国から出てきました。

SurfacePhone21

「Surface Phone」は来年早々に発売されるものと予想されており、価格は6,000元(約10万円)で、3モデル構成とされるラインナップの詳細は下記の通り。

・3GB RAM/32GBのストレージ
・6GB RAM/128GBのストレージ
・8GB RAM/500GBのストレージ

なお、現在のスマホのスペックについては、RAMは6GB、ストレージは128GBがそれぞれ最大となっており、ストレージに関してはSamsungが256GBのフラッシュメモリの量産を開始したと言われています。

[via MyDrivers

2 COMMENTS

hiden

元々 Windows10 mobileはメモリ使用効率がいいので、RAMが3GB以上搭載の部分が意味不明です。ガセか?

匿名

単純に端末の動作を快適にするのが目的ではないと思います。
特定の用途で高いパフォーマンスを発揮したり、大容量のメモリがなければ
不可能な処理を可能にする事で、他との差別化を図りたいのではないかと考えます。
Redstone 2のアップデートで追加される新機能と関係があるのかもしれませんね。

現在コメントは受け付けておりません。