Apple、セキュリティー機能強化のためにジョン・カラス氏を再雇用

ロイターによると、Appleがデータ暗号化技術の権威であるジョン・カラス氏を再雇用していた事が分かりました。

apple-sign-sky
同氏はPGPコーポレーション、サイレント・サークル、ブラックフォンなど有力な暗号化通信技術企業の創業に関わっており、過去に11年ほどAppleに在籍していた経緯があります。

なお、同氏のAppleでの役職は不明ですが、消費者向け製品のセキュリティー機能を強化するために再雇用したものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事