Microsoft、「Windows 10」の最小ハードウェア要件のディスプレイサイズに関する内容を変更

米Microsoftが、「Windows 10」の最小ハードウェア要件のディスプレイサイズに関する内容を変更した事が分かりました。

win10logo2
今回の変更は下記の通りで、これまでは7.99インチまでは「Windows 10 Mobile」、8インチ以上は「Windows 10」といった形でしたが、今後は7〜8.99インチまではどちらのOSでも選択可能となります。

 変更前変更後
Windows 10 Mobile8インチ未満9インチ未満
Windows 10(デスクトップエディション)タブレット、2 in 1 PC、ノート PC、オールインワンの場合は、8インチ以上が必要
デスクトップPC用のオプション
タブレット、2 in 1 PC、ノート PC、オールインワンの場合は、7インチ以上が必要
デスクトップPC用のオプション

なお、「Windows 10」シリーズの最小ハードウェア要件はこちらで確認可能ですが、記事投稿時ではまだ日本語版は上記変更が反映されていません。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事