「iPhone 7」シリーズ、バッテリー容量は現行モデルよりも増加へ

これまでに流出している写真などから、「iPhone 7」のバッテリー容量は「iPhone 6s」から少しだけ増加するものとみられていますが、本日、M.I.C Gadgetも、Foxconnの内部人物からの話として、「iPhone 7」シリーズのバッテリー容量は「iPhone 6s」から増加するようだと報じています。

132516622
(上記画像は以前に流出した「iPhone 7」のバッテリーとされる写真)


その情報によると、「iPhone 7」のバッテリー容量は1750〜1850mAhになり、「iPhone 7 Plus」は2850〜3000mAhになるとのことで、「iPhone 6s」は1715mAh、「iPhone 6s Plus」は2750mAhなので、両モデルとも増加するようです。

また、Foxconnは「iPhone 6s」とは異なるバッテリーを発注する予定であることが確認されており、容量が最終的にどのくらいになるのかは不明なものの、「iPhone 6s」シリーズのバッテリーとは違うものが搭載されることは間違いなさそうです。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事