Apple、ビジネスアプリの強化に向けドイツのSAP社と提携

本日、Appleが、ビジネスアプリの強化に向け、ドイツのSAP社と提携を結んだ事を発表しました。

sap-apple
両社は、iOS用の新しいアプリ向けにSAPの企業がデータをすばやく分析して予測をするためのシステム「HANA」を活用することで合意し、新しいiOSソフトウェア開発キット(SDK)と「トレーニングアカデミー」が提供され、開発者らが独自のビジネス用に「iOS」アプリを容易に構築できるようになるとのこと。

 ・ニュースリリース(英語)


[via CNET

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事