「MacBook (12-inch, Early 2016)」のベンチマークスコアが明らかに ー 旧モデルに比べ15〜18%向上

MacRumorsによると、昨日に発売された「MacBook (12-inch, Early 2016)」のGeekbenchのベンチマークスコアが明らかになり、スコアは旧モデルに比べ15〜18%ほど向上している事が分かりました。
th_MB12-PT-PF-Family-PRINT

ベンチマークテストに利用されたモデルは「MacBook (12-inch, Early 2016)」の1.2GHzモデルで、64bit版Geekbenchでのスコアはシングルコアが2894、マルチコアが5845と、旧モデル(1.2GHzモデル)の2437/5049よりも15〜18%高速化されています。

Geekbench-2016-12-inch-MacBook

また、32bit版Geekbenchでのベンチマークスコアは、新モデルが2,670/5,252、旧モデルが2,303/4,621と、こちらでも15%ほど高速化されています。

なお、Geekbenchのベンチマークは主にCPUのパフォーマンスを測定するものとなっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。