「iPhone」で鑑賞することを前提に作られた面白いミュージックビデオが登場

読者の方から教えて頂きましたが、6人組のヒップホップアイドルユニット「リリカルスクール」の新曲「RUN and RUN」のミュージックビデオが「iPhone」をフル活用していて面白かったので紹介します。

news_xlarge_lyricalschool_run20160427
問題のミュージックビデオは最後に載せておきますが、「iPhone」のカメラアプリやメッセージアプリ、Facetime、Twitterなどありとあらゆるアプリの機能を使い、曲と連動して歌詞や本人達が出現するといった内容で、まるで自分の「iPhone」がジャックされ勝手に操作されているような感覚になる映像となっています。

ミュージックビデオはパソコンでも見る事が出来ますが、「iPhone」でフルスクリーン化して見ることを前提としたビデオなので、是非「iPhone」で見て下さい。


なお、「RUN and RUN」は「リリカルスクール」のメジャーデビューシングルで、4月27日にリリースされます。

[via ナタリー / Thanks! norin.さん(@bokutter_jp)]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事