マピオン、iOS向けアプリ『ココデトッター』を配信開始 ー 位置情報を利用し、ご当地限定の写真フレームで撮影可能なカメラアプリ

本日、マピオンが、撮影場所に応じて、ご当地限定の写真フレームで撮影できるiOS向けアプリ「ココデトッター」の配信を開始しました。

kokodeto
「ココデトッター」は、携帯端末の位置情報を利用して、ご当地ならではの名産物や観光地をモチーフにした地域限定の「ご当地フレーム」で撮影できるアプリで、実際にユーザがその場所に訪れないとアプリ内で写真フレームは表示されないため来訪のきっかけとなり、観光客の周遊などの施策に最適なアプリとなっており、撮影した写真は各SNSで共有したりすることも可能です。

また、写真フレームは、「ご当地フレーム」のほか、いつでも撮影できる「基本フレーム」、マピオンの位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」のキャラクターフレームも用意されており、今後もフレームは続々と追加される予定で、観光周遊に活用してもらうため、写真フレームを自治体から募集し、無料で配信も実施するとのこと。

なお、同アプリの価格は無料で、iPhone 5以降/iOS 8.0以降に対応しています。

ココデトッター
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事